2021年度私立中学入試の総括および私立中学受験科近況報告

2021年度入試では、愛知淑徳中学校と椙山女学園中学校の入試日が1週間早まって金城学院中学校の入試日の翌日になったり、その関係からか中部大春日丘中学校(第1回)や聖霊中学校の入試日も1週間早まったりするなど、入試日程に大きな変更があり、愛知県の私立中学入試が長期化しました。また、このようなコロナ禍での入試を強いられたこともあり、今年の受験生はモチベーションの維持がかなり大変だったのではないでしょうか?以下は2021年度入試の結果です。

(出願者数の多い順)出願者数(人)受験者数(人)合格者数(人)実質倍率(倍)昨年との比較(人)
179716806392.63-7
名古屋149714697601.93-27
愛知139013389781.37-1
東海10209193962.3222
愛知淑徳9749235211.77-69
愛工大名電9349134282.13-48
名古屋女子大8928806111.22102
金城学院8217907901.386
南山男子部8056792233.04-17
南山女子部7056811743.9135
中部大春日丘6476174461.38142
椙山女学園4273652871.27-98
聖霊3012982441.22-42

 さて、敬倫塾では3月1日より新年度がスタートしました。新5Hの方におきましては、4教科での指導が始まったことで授業日数も週4日となり、宿題の量も一気に増えました。今はまだ塾の宿題を期限までにやるのにいっぱいいっぱいになっているのではないでしょうか。なんとかゴールデンウイークまでに勉強のリズムを作れるようにしましょう。

 新6Hの方は、いよいよ受験学年になりました。入試までもう1年を切りました。昨年度は新型コロナの影響で学校説明会になかなか足を運ぶことができず、具体的に中学校に対するイメージを持てないまま受験勉強をしている方もいらっしゃると思います。ただ、学校側もこのような状況に合わせた形での説明会を徐々に実施するようになってきております。積極的に情報収集をして具体的なイメージを持つことで受験勉強のモチベーションをアップさせましょう。

 新4Bの方は、まずは国語と算数の2教科から受験に向けての勉強がスタートしました。今までやっていた問題よりも難しく感じている方も多いと思います。この1年間でしっかりと受験に必要な基礎力をつけましょう。