近年、中学生になっても、「たし算のくり上がり」「ひき算のくり下がり」「かけ算の九九」「わり算の商」「単位の換算」「関係を表す式」等がわからない生徒がどんどん増え続けています。また、漢字がほとんど書けなくて、中学校の社会や理科等のテストで残念な結果をとっている生徒もいます。算数・国語の学力は最もつきにくいものであり、中学になって急につくことは稀です。小学校低学年までにこれらの知識が身につかなかった生徒を指導するのはとても難しいことですが、このような生徒は年々増加しているのです。

子供たちが好奇心や学ぼうという気持ちをもってくれた時、それを上手にリードすることはとても大切なことです。個別指導なら、人から遅れていても、取り戻そうという気持ちがあれば、いつでも取り戻すことが可能です。勉強が面白くなって、自発的にどんどん勉強したいという子供たちにとっては、個別指導は最良の方法です。

敬倫塾では、難関大学までの進学指導を行う塾として、公教育内容をきちんと押さえた上で、更に深い知識・思考する力を養成します。小学校低学年からきちんとした学力を身につけてさえいれば、国公立大学や難関私立大学に合格することはできるのです。

▌小学生の内に必ず身につけさせておかないといけないこと
  1. 忘れ物をしない
  2. 時間に合わせて行動する
  3. 次の人のことを考えて行動する

当然のことと思われがちですが、出来ていない子がいるのは事実です。大人になる前に、自分のことは自分でするようにさせていく必要があります。それが、生徒の成長、成績向上と大きく関わるからです。敬倫塾では、これらのことを厳しく指導します。生徒の将来を考えた指導を第一に考えているからなのです。

大人になって初めて分かることですが、あの時習っておいてよかったと思うことがあると思います。身に染みて感じるのは、子供の頃からコツコツと積み重ねたことしか、大人になったときに財産とはならないということではないでしょうか。持って生まれた能力よりも、出来ないものを努力して身につけたもののほうが遥かに価値があると思いませんか。敬倫塾には、2、3年間で驚く程変わった生徒が何人もいます。早い時期に得意なものを身につけて、中学・高校で大きく成長する礎を築くのがこの小学生時代なのです。

塾の環境・雰囲気

学校で騒がしい生徒が、塾でも授業中に騒がしいことは良く聞きますが、敬倫塾では皆が集中して勉強している為、そのようなことが起きません。周りの雰囲気から、「自分もやらないと」という状況がすでに作られています。また、先生が目の前でしっかりと見ていますので、きちんと学習状況の把握ができます。

私立中学に進学させるべきか迷っている方へ

敬倫塾は、長期間にわたる詰め込み教育による私立中学受験指導には反対します。また、ヤル気のない子供への、とりあえず私立中学に入学できさえすれば良いという指導にも反対します。私立中学に入学してから、全然勉強しなくなる子がどれだけ多いことでしょう。私立中学の受験指導に躍起となっている塾はたくさんありますが、その後のフォロー体制ができている塾はほとんどありません。
また、学力低下等の問題があるからといって公教育を否定するのは誤りではないでしょうか。公教育は子供たちに「協調」ということも教えようとしているのです。公教育は、大人社会の擬似体験の場でもあるのです。考えの偏った人もいれば、理解の乏しい人もいます。それでも大人になれば、その中でうまくやっていかなければなりません。人よりも知識があるからといって、人に対する優しさを失った人間は、人間として失格だと思います。

では、私立中学への受験に反対なのかというと、そうではありません。自分の可能性を大きくしたいという意志を備え、私立中学入学後も、どんどん自分の可能性を大きくしていく子供がいるからです。このような子供たちこそ、私立中学を「ゴール」と考えず「スタート」と考えて活躍できるのです。敬倫塾では、そのような子供たちの応援をしたいと思います。「私立中学に入学してもっともっと勉強したいという強い意志」と「一定以上の学力」があれば、きっと合格を勝ちとることができるでしょう。そうでなければ、子供たちがその気になるまで待つべきでしょう。大人でも子供でも「 ヤル気 」が湧けば、信じられない力を発揮します。4年生の終わりごろになれば、子供達の意志はかなりはっきりしたものになりますので、その時に私立中学の受験を考えるか、公立中学に進学するかを決めれば良いと思うのです。それまでに一定以上の学力がついていれば、私立中学受験のための本格的な指導は、それからでも十分です。

講座一覧